より大きく、より面白く。

40歳で専門学校に通学!果たして学校生活に馴染めるか?

2021/05/30
 
40歳で専門学校、馴染む? TOP
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログでは、20年間携わった高校生の進路支援の経験をもとに「専門学校の入試・選び方・学費」などを紹介しています。 また自身もデザインの専門学校に通学した経験から「40歳を超えて専門学校に通った経験」をまとめています。 そのほか、「旅行」、「鬼滅の刃」、「生活」、「戦国時代の武将や出来事」などについて紹介しています。 モットーはサザエの殻のように、ゆっくりだけど着実に大きくなれるよう人生を歩むことです!
筆者は40歳を超えてから、2年間専門学校夜間部に通いました。
 
かなり稀な人間です笑
 
一般的にも、専門学校夜間部であったとしても20代が殆どで、40歳はほぼいません。
 
もちろん筆者が入学した学校も、後にも先にも40歳はいなかったようです。
 
ここでは、現在40代、30代で、これから専門学校夜間部を検討される方に向け、「果たして40代が専門学校に通って学校生活に馴染めるのかどうか」について、筆者の経験を踏まえながら紹介したいと思います。
 
※筆者がなぜ専門学校に通ったか興味ある方はこちらを参照ください笑
 

専門学校に40代(30代)が入学するために必要なもの?

 
まず前置きとして、40代(30代)で専門学校に通おうとする場合、将来に向けた明確な目的や強い意志がポイントになります。その上でクラスメイトとどのようにうまく付き合っていくかを考えていきます。
 
40代(30代)が2年間続けていくには相応のモチベーションが必要になります。「何のために通うのか?」、「卒業後どうなりたいか?」、またそれを達成するために強い信念を持つことが重要だと思います。
 
専門学校夜間部は、学生のほとんどが10代と20代です。40代(30代)としては完全にアウェイな環境ですよね。
 
そんな中で2年間過ごしていくには以上の「心構え」をしっかり持っておく必要があります。
 
その上で「クラスメイトとうまく付き合っていく」ことを考えていきましょう。
 

クラスメイトとのコミュニケーションは図らなくても過ごせるか?

 
そもそも専門学校は、1人でやっていけるのか?それとも1人ではやっていけないのか?
 
40代(30代)からすると、10代や20代は年齢が離れているため「コミュニケーションを図らなくてよければそのほうが楽で良い」と考える方も多いのではないでしょうか?
 
しかしながら結論から述べますと、「コミュニケーションは不可欠」です。
 
通信課程の学校は別ですが、通常(昼間部・夜間部)の専門学校に通う場合は、授業でグループワークは多いですし、お互い分からない点や情報共有など行うにもコミュニケーションは不可欠となります。コミュニケーションを図らずに2年間は過ごすということは現実的にも精神的にも難しいと思われます。
 
そう考えると、いくら「将来に向けた明確な目的や強い意志」があったにしても、「10代や20代の学生とうまくコミュニケーションが図れて仲良くなれるのかなぁ?」と不安を持ちますよね。
 
不安
 
とは言え、筆者の場合ですが、悩んでもしょうがない事ですし、2年間一緒に頑張っていく仲間と前向きに考え、積極的に会話していこうと思っていました笑
 
実際どのようにしてコミュニケーションを取っていったのかについては後述します。
 

筆者が通学したクラスの状況や授業について紹介

 
まずは、筆者が入学した専門学校夜間部の状況を紹介したいと思います。
 
実際のクラスの状況や学校生活の様子です。
 
クラスの状況を紹介は以下です。
 
・1クラス各40名
 
・記憶する限り10代が1割、20代が9割
 
・20代は20前半が殆ど
 
・その他30代1名、40代1名(筆者)
 
・男女比は9割近くが女子。
 
夜間部であるため10代も少ないです。30代と40代の少なさが際立ちます。男女比については、分野(かつコース)で変動しますので、通学を検討される学校を個別で調べてください。
 
ちなみに、一般的な専門学校夜間部の学生の構成比を以下で紹介しています。
 
どちらにしても筆者としては、年齢・性別の両方から見てもアウェイ感がすごい状況でした笑
 
教室をイメージしてみてください。
 
40席の机が並ぶ教室に、20代前半の女性が殆どを占める中、一人だけ会社帰りのスーツ着た40代男性が席についる状況を。
 
スーツ 一人
 
厳しいですよね、、。
 
実際は少数派の男子学生4名と一緒に座っていることが多かったですが笑
 
次に、授業についてです。
 
筆者が通った学校は、以前から課題がハードで有名だったのですが、まさにその通りでした。
 
学校が21時過ぎに終わり、帰宅が23時ですが、それから深夜遅く(明朝?)まで課題に取り組む生活です。
 
とにかく仕事もあるため、多忙を極めました。
(筆者の学校の1日のスケジュールの紹介はこちらをご覧ください→『「専門学校」と「仕事」の両立は大変?ー1日のスケジュールとは?ー』
 
そのため、クラスメイトとコミュニケーションが取れる時間は、授業前、休み時間、駅までの帰り道くらいでした。
 
ただ、コミュニケーションという意味では、グループ課題(制作)が多かったためグループメンバーとは常にコミュニケーションをとっており、他の科目のグループワークも複数同時進行しており、土日関係なく終日何かしら誰かしらコミュニケーションを取っている状態でした。
 
企業で言い換えるとブラック企業かもしれません笑
 
そのような中でコミュニケーションはより深まっていくことにもなりました。
 

40代学生がクラスに馴染むために心がけたこと

筆者は、クラスメイトと馴染めるよう幾つかのことを心がけて入学しました。具体的には以下に紹介したいと思います。
 

1、とりあえずは「あいさつ」から

単純すぎて恥ずかしいですが、とりあえず「あいさつ」です。
 
教室に入る時はなるべく個別に声をかけました。個別の方が視線が合うのでおすすめです。
 
その他校内でも学校の外でも挨拶は心がけていました。
 
これやってると向こうからも挨拶してくれるようになるので良いと思います。
 
単純なことですが大事なことかな、思います。
 

2、コミュニケーションのための「雑談」

コミュニケーションの取れる時間が少ない中、なるべくおしゃべりをするようにしました。
 
授業前や休み時間などで、昼間の仕事を処理したり課題に取り組んだりもできましたが、休憩時間は手を休めて雑談に費やしました。単純に雑談は楽しいですしね。
 
たわいもない話や趣味から仕事の相談までいろいろでしたが、刺激を受けることも多くとても良かったと思います。
 
仲間
 
空いている時間はなるべく手を休めて、コミュニケーションに費やしたほうが良いと思います。
 

3、ご飯を食べにいく

上記で多忙ということを述べましたが、2、3ヶ月に1、2回くらい時間を捻出できる日があったります。
 
そういう時はすかさずご飯を食べに行きました。
 
入学してしばらく経つと「今度飲みに行きたいね」という会話も増えましたし、飲むのも好きなので虎視眈々と空きそうなタイミングを見計らっていました笑
 
お酒の場で話す内容は学校とは違いよりプライベートなトークになるので楽しいです。
 
クラス全体のイベントを企画したり、参加もしたりました。
 
学校にもよると思いますが、時間があるようでしたら帰りがけご飯を一緒に食べて帰るのも良いのではないでしょうか?
 
(※2020年度入学生以降の方はコロナ禍のため難しいかもしれません。)
 

4、40歳だから逆に?

こちらからすると「40代で馴染めるかな。」と不安に思ってしまいますが、クラスメイトからすると逆に「40歳」が珍しかったりするものです。
 
40歳と言っても職場の上司ではなく先生でもなく、ただのクラスメイトなので特殊(不思議)な存在だと思います。
 
そのおかげもあってか珍しさついでにいろいろなクラスメイトが話しかけてくれました。
 
こちらがあまりにも消極的だと難しいかもしれませんが、上記の「1」や「2」など実践していけばコミュニケーションを取ってもらいやすい環境が整うと思います。
 
「40代」だからこそ相談やアドバイスが欲しいというコミュニケーションは結構ありました。
 
例えば、アルバイトの相談(辞める理由、辞め方)とか、仕事の悩み相談、恋愛相談などなど。
 
そんなところからも仲良くなっていく事ができました。
 
スーツ 成功
 
その他には、最年長ということもあり、クラスを仕切ったり、クラス内の困りごとを教員に交渉したり、課題提出が危ないクラスメイトを手伝ったり、個別の相談に乗ったりと、様々なことをしながら学生生活を送りました。
 
ですので、「40代(30代)だから不安」という気持ちもあるかとは思いますが、実際には逆に40代(30代)だからこそ頼られることもありますので、その点は自信を持って入学を検討されると良いと思います。
 

結局40歳は専門学校のクラスに馴染めるの?

 
結論、筆者としては十分馴染む事ができたと思っています。
 
上記のようなコミュニケーションを図り、壁を作らずオープンな姿勢で過ごしたことで、皆と仲良く2年間を送ることができたと思います。気がつけば他のクラスメイトや昼間部の学生とも親しくでき、先生方ともよくコミュニケーションが図れたと振り返りながら思います。
 
これから専門学校を検討される30、40代の方は、学生生活に馴染めるのか不安を感じられると思います。
 
しかし上記で紹介したように、心がけていけばきっと仲良くなっていけます。しかも大人だからこそ20代や10代に「頼られる」ことも多いです。頼られた時は、親切に応えてあげると信頼感もぐっと増すはずです。
 
クラスで楽しく過ごせれば授業や課題にもモチベーションが保たれますし、結果として優良な成績にもつながりプラスの連鎖となります。
 
こんな筆者でも、結果仲良く2年間過ごせたわけですので、みなさんもきっとうまくいくと思います。
 
以上ですが、今後の専門学校選びに参考になれば幸いです。
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログでは、20年間携わった高校生の進路支援の経験をもとに「専門学校の入試・選び方・学費」などを紹介しています。 また自身もデザインの専門学校に通学した経験から「40歳を超えて専門学校に通った経験」をまとめています。 そのほか、「旅行」、「鬼滅の刃」、「生活」、「戦国時代の武将や出来事」などについて紹介しています。 モットーはサザエの殻のように、ゆっくりだけど着実に大きくなれるよう人生を歩むことです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぐるぐるさざえのブログ , 2020 All Rights Reserved.